薔薇園を約束したわけじゃないBlank Blackのサークルページも兼ねるかもしれない

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2006-08.11 Fri一日目はサボり[身辺雑感]

Time[21:02] Comment[3] Trackback[-]


 一日目不参加。kさん申し訳ない。買いに行く約束してたにっきさんもスイマセン。

 行った友人たちにメールを送ったところ、返ってきた反応が「裏切り者」とか「今からでも来い。そしてこの苦しさをお前も味わえ」とか「むしろ死ね」とか、そういったものばっかりだったのが印象的でした。よっぽど凄まじいんですね、コミケって。噂には聞いてましたが……

 腹痛は少しずつ治まってきました。
スポンサーサイト
  

2006-08.10 Thuあーもう あーもう [身辺雑感]

Time[22:47] Comment[4] Trackback[-]

 腹が限界だったので、病院に行ってきました。
 話を聞いてもらって、お薬をもらいましたよ。
 触診も無しだなんて、東京のお医者さんはスゲーなあ!


 ……あー腹痛え。


 今日はkさんが来ました。留守を任せて病院に行ってきたり、痛すぎたのでベッドに寝転んでたらそのまま眠ってしまったり、色々申し訳ない。
 明日も腹痛治まらなかったらコミケ一緒に行けねえし。
 でも、我慢して行って会場で死ぬのも嫌だし。
 つくづく自分の迂闊さが恨めしい。

 オフ会もいけなかったりしたら悲惨すぎる。あーもう最悪最悪。

  

2006-08.09 Wed胃なのかコレは[身辺雑感]

Time[23:08] Comment[0] Trackback[-]
 
 腹が痛え(挨拶)
 

 今日はティアマガ買いにアキバ行ってきたよ。
 (ティアマガ:コミティアマガジン。一般入場に必要。サークルカットとかが載ってる)

 四軒くらいそういうお店回って、最後の一軒でようやく発見。
 あってよかったけど、ほかの店ではまだ入荷時期未定とかになってたりするのはなんでだろう。独自ルートでもあるのかしら。

 で、当選したんだから当然ですけどサークルカット載ってました。
 それだけでちょっと感動。
 原稿あがってないけどね!
 orz

 明日からkさんが来るので、色々話し合えたり出来るといいな。ネットじゃ埒が明かないし。


 あと武梨えり神の新刊を買ってきた。
 やっぱ神だった。
......more
  

2006-08.08 Tue雨音[身辺雑感]

Time[07:21] Comment[0] Trackback[-]
 昨日寝たのが三時。
 洗濯物干して窓開けっぱな。

 なんかあんまり眠くないけど目つぶってれば寝れるだろう…
 (就寝)


 

 ざあああああああ

 

 …あー、起きちまった。何時だ今。昨日時計下においてきたよ…まあいいや…


 
 ざああああああああああああ



 ? 雨?
 起きるのめんどくせー…まあ大丈夫だろ…




 ざああああああああああああああっ!



 ……これはまずい。流石に。
 ベランダに当たる雨の音がびたんびたんだし。


 ちょ、網戸突き抜けてくる!跳ね返りが!跳ね返りが!


 …おはようございまスー。
 朝っぱらから胸糞悪い目覚めをどうもありがとう、雨。


 で、雨音といえばつじあやのなんですが。変なつなげ方ですけど。カリガリほどではないにしろ、この人も綺麗な声で明るくグロテスクなこと歌います。血肉がどうたら、ではなくてもっと精神的な部分でですけど。あの子の幸せとかヒドイ。

......more
  

2006-08.07 Mon本音 [身辺雑感]

Time[06:16] Comment[0] Trackback[-]
 
 自分の本当に言いたいことを本音という。

 本音を言いたいと思うことがある。誰かを眺めているときによくある。アドバイスをしてあげたい、俺ならこうするのに、とか、そういうもの。
 もちろん俺はそんなことを口にすることはないし、文字にすることもしない。それがおこがましいことだとわかっているし、独りよがりの勘違いに陥ることが目に見えているからだ。
 誰かに意見できるほど成熟した人格も哲学も持っていない。したり顔で口にした言葉に、数分後赤面させられることもよくある。
 でも、恐らくは親譲りのこの性根が俺から消えることはないだろう。ほんの少しの大胆さか、恥を耐え切る我慢強さか、もしくは自分を納得させうる正しさ、そのいずれかが手に入るまで俺はきっとこのまま不安定に揺れ続けるんだろう。
 したいことへの才能が無いなんてよくあることで、それを嘆くくらいなら大きな才能に比肩しうるまで努力を続けろなんていうのも、時間と労力を考えない机上の空論として存在する。そんなこと、現実的に考えて無理なのに。
 でも、実際始めてみたら、生きている途中に死ぬことを考えるくらいの頻度でしかやめることを考えないんじゃないか? ゲーテは薔薇ならば花咲くだろう、と言った。薔薇である必要はない。誰も薔薇園など約束されていない。それでも自分自身を咲かせる努力と言うのを、少し考えてみる。

 ビンの中に何を入れてきたのだろう。外からはうかがい知れない其処に、一体どれだけの重さと軽さを溜め込んできたのだろう。覚えているものと覚えていないものばかりだけど、わかっていることは綺麗に鳴らさなければいけないということだ。人様から褒めてもらうなんて光栄を求めるわけじゃなくて、自分が満足できるくらいの音くらいは鳴らしてみたい。叩き方を工夫するのも、また一つの道ではあるけれど、そこはやはり中身を誇りたくもある。
 無造作に叩いたときに鳴る本当の音が、美しいとはいわずとも聞き応えがあるものになりますように。

......more
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。