FC2ブログ

薔薇園を約束したわけじゃないBlank Blackのサークルページも兼ねるかもしれない

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2006-08.07 Mon本音 [身辺雑感]

Time[06:16] Comment[0] Trackback[-]
 
 自分の本当に言いたいことを本音という。

 本音を言いたいと思うことがある。誰かを眺めているときによくある。アドバイスをしてあげたい、俺ならこうするのに、とか、そういうもの。
 もちろん俺はそんなことを口にすることはないし、文字にすることもしない。それがおこがましいことだとわかっているし、独りよがりの勘違いに陥ることが目に見えているからだ。
 誰かに意見できるほど成熟した人格も哲学も持っていない。したり顔で口にした言葉に、数分後赤面させられることもよくある。
 でも、恐らくは親譲りのこの性根が俺から消えることはないだろう。ほんの少しの大胆さか、恥を耐え切る我慢強さか、もしくは自分を納得させうる正しさ、そのいずれかが手に入るまで俺はきっとこのまま不安定に揺れ続けるんだろう。
 したいことへの才能が無いなんてよくあることで、それを嘆くくらいなら大きな才能に比肩しうるまで努力を続けろなんていうのも、時間と労力を考えない机上の空論として存在する。そんなこと、現実的に考えて無理なのに。
 でも、実際始めてみたら、生きている途中に死ぬことを考えるくらいの頻度でしかやめることを考えないんじゃないか? ゲーテは薔薇ならば花咲くだろう、と言った。薔薇である必要はない。誰も薔薇園など約束されていない。それでも自分自身を咲かせる努力と言うのを、少し考えてみる。

 ビンの中に何を入れてきたのだろう。外からはうかがい知れない其処に、一体どれだけの重さと軽さを溜め込んできたのだろう。覚えているものと覚えていないものばかりだけど、わかっていることは綺麗に鳴らさなければいけないということだ。人様から褒めてもらうなんて光栄を求めるわけじゃなくて、自分が満足できるくらいの音くらいは鳴らしてみたい。叩き方を工夫するのも、また一つの道ではあるけれど、そこはやはり中身を誇りたくもある。
 無造作に叩いたときに鳴る本当の音が、美しいとはいわずとも聞き応えがあるものになりますように。

......more
スポンサーサイト
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。